数集めの政治

 日本の政治は票集めから始まって、仲間集めなど数集めに終始している感がある。 民主主義だから多数の賛同を得なかったら何も出来ない。 そのためには、数集めがなによりも優先ということなんだろう。

 その数集めだが、いろいろな見解や政策アイデアを持った政治家達をどう糾合していくのか、妥協の産物となってでも仲間を集めるのがよいのか、難しい問題が残る。 妥協を重ねていたら、政策の方向がぼやけてしまうばかりとなる。 それで、まともな政治が出来ようか?

 いま大阪の橋下市長が大きな吸引力を持って、世の政治家達を寄せ集める流れの中心にある。 それだけ人気が高いわけだが、元はといえば橋下さんが大阪府や大阪市をこう変えるのだという明瞭な改革メッセージを発信し続けたからだ。 その強い政策遂行意欲に大阪の人々が応えていったはず。 決して彼が政治家仲間集めにエネルギーを費やしていたわけではない。

 別に橋下さんに限ることはない、世の政治家が強く意識してもらいたい教訓がここにあろう。 これまでの橋下さんの成功が示してくれた政治家としてのあるべき姿と、それに選挙民が応える図式は民主主義本来の姿ではなかろうか。

 本物の政治は数集めではない。 明確な政策を打ち出して選挙民にストレートに訴える。 それが結果として票集めになり、思い描く政治を実行できるはず。 橋下さんが範を垂れてくれた成功モデルこそ、多くの政治家が心してもらいたいところだ。

 地方選挙と国政選挙とは違うという人もいようが、いまの日本経済に政治的妥協とかでウヤムヤしている余裕はない。 一刻も早く次々と経済改革のメスを入れていかないと、本当に大変なことになる。

 ポピュリズム政治はもうやめにしよう。 まともな政策を真正面から国民に訴えて、国民の審判を待とうではないか。

 

 【広告】

 本の紹介です。電子書籍版で、スッと読めるボリュームに抑えています。 さわかみ投信現社長の黒島の本も合せてご紹介します。ちなみに、黒島の本は紙媒体も用意しております。


 澤上篤人「お金をまわして日本を元気にさせよう」
 http://itunes.apple.com/jp/app/id475297966?ls=1&mt=8

 黒島光昭「特許物語」
 http://itunes.apple.com/jp/app/id459089234?ls=1&mt=8

 http://scps.shop28.makeshop.jp/shopdetail/002000000001/