選挙が近い

 新聞報道では、3党合意で消費税増税法案が成立の見通しとのこと。 その裏で、解散総選挙の合意もあったとか。 

 早いとこ、選挙をやってもらいたいと思う。 それも、3回か4回くらい立て続けにやってくれるといい。 そのくらい選挙の洗礼を受ければ、国会のメンバーも大幅に入れ替わろう。 

 もう、利益誘導の予算ばら撒きしか念頭にない、古いタイプの政治家は要らない。 一刻も早く、利権や既得権擁護を代弁するだけの政治屋から、まともな政治家へと入れ替わって欲しいものだ。

 今の日本で絶対的に優先するのは、とにもかくにも経済成長である。 国の財政赤字も借金も、雇用問題も低所得層の立ち直りのためにも、経済活動を活性化させるのが一番の早道であるのは誰も否定できまい。

 そこでだ、選挙になったら各候補者の経済成長に対する持論や政策プランだけに絞って、投票すると良いだろう。 どの候補者もあれこれときれいごとを並べて "清き一票を" と訴えるだろうが、ここしばらくは成長政策に絞り込んで投票しようじゃないか。

 おそらくだが、これはという成長戦略を打ち出せる政治家は、ほとんどいないと思う。 しかし、国民の多くが本気で成長を求めているということは、必ず各候補者にも伝わっていく。 その雰囲気に押されるようにして、個々の政治家が真剣に日本経済の成長を考えるようになってくれたら、それだけでも大きな前進である。

 まあ、選挙が近いだろうから、読者の皆さんもどの政治家が日本経済を元気にさせようと真剣なのか、今からじっくり観察しましょう。

  

 【広告】

 本の紹介です。電子書籍版で、スッと読めるボリュームに抑えています。 さわかみ投信現社長の黒島の本も合せてご紹介します。ちなみに、黒島の本は紙媒体も用意しております。


 澤上篤人「お金をまわして日本を元気にさせよう」
 http://itunes.apple.com/jp/app/id475297966?ls=1&mt=8

 黒島光昭「特許物語」
 http://itunes.apple.com/jp/app/id459089234?ls=1&mt=8

 http://scps.shop28.makeshop.jp/shopdetail/002000000001/