投資や資産運用の初心者向けの????

 今日も午後から地方のセミナーに向かう。 主催者側から、いくつかの要望が寄せられている。 その中には、表題のようなテーマも混じっている。 他のセミナーなどでも、よく出る質問である。 これまで投資なんてやったことない人に向けてであれば、いくつか基本的な説明も必要だろう。 しかし、そこから先に関しては、誰がどう説明し教育できるのだろうか? 投資教育とかの専門家は山ほどいるが、彼ら彼女らは一体どこまで投資のプロなんだろう? 投資のプロ? そう、投資の初心者に対して、投資を教えると …続きを読む

日本の生産性、本当に低いのか?

 日本経済が長期低迷したりジリ貧に喘いでいるのは、経済の成熟化による潜在成長率の鈍化と、低生産性に起因すると専門家はよくいう。 先週も書いたように、生活必需品などモノの充足に向けての消費と投資は一段落したが、生活の質を向上させようとするお金のつかい方は、まだこれからである。 モノから質への消費や投資が高まってくれば、いくらでも潜在成長率を高めることはできる。 なにしろ、文化や芸術、教育、スポーツ、技術、寄付などの分野へお金をつかうことは、無限に広げることが出来るのだから。  …続きを読む

成熟経済の凄いところ

 日本経済は1980年代に成熟化の段階を迎えた。 経済の成熟化とは、国民のほとんどが生活基盤を整える段階を卒業したという状況を指す。 住むところはもちろんのこと、家電製品など生活必需品は買い揃えたし、もう他にこれといって買いたいものがない、そんな状況だ。 ほんの少し前までの旺盛な新規需要は、どこへやらスウーッと消え去り、いつの間にか買い替え需要が主体の経済構造となってしまった。 当然のことながら、新規の設備投資需要は激減するし、むしろ既存の工場などの設備過剰が企業経営を圧迫 …続きを読む

そうか、下げたか

 昨日遅く出張から帰り、夕刊をみたら、NY市場も日本株市場も大きく下げたとのこと。 記事には、トランプ期待が剥がれたというのもあった。 まあ、どんな理由でも構わない、大きく下げたことは歓迎である。 さわかみファンドのような本格派の長期保有型投信を買い増しするチャンスが広がるのだから。 運用サイドも、大きな下げでニヤッとしていると想像してくれていい。 多くの機関投資家のように、暴落相場の原因追及や新しい情報入手の会議とやらで追いまくられることはない。 前々からリサーチを進めて …続きを読む

長期投資って、おもしろいんですね!

 昨日は広島で、大学生向けのセミナーをやってきた。 その後、大阪まで戻って今度は一般投資家向けのセミナーときた。 大学生たちは、まだ投資をやっていないか、そもそも投資を考えたこともない連中ばかり。 たまたま、しばらく前のセミナーに出た一人の学生が、もう少し話を聞きたいというから、それなら学生たちを集めておけよということで昨日のセミナーとなったわけ。 予想をはるかに超えた上出来のセミナーだった。 一般の学生によくある、無気力なのか反応が鈍いのか分からないような、ボケーッとした …続きを読む

お金をばら撒くのと、つかうのとは違う

 景気を浮上させようと、国は1992年の9月から昨年秋の28兆円まで、総額で350兆円前後の予算を計上してきた。 国債発行や財政融資資金を活用して、平均すると毎年14兆柄5千億円もの資金をばら撒いてきたわけだ。 単純計算すると日本経済を年2.9%ほど浮上させていいはずの景気対策を、24年間にわたって講じ続けたといえる。 しかし、さっぱり効果は上がっていない。 そこで、日銀に大盤振舞いさせて毎年80兆円の国債購入やら、マイナス金利の導入やらと、ありとあらゆる景気浮上策を打ち出 …続きを読む

「物言う株主」って、どんな存在?

 この10年ちょっと、アクティビストとかの「物言う株主」が、ずいぶんと存在感を高めてきている。 彼らは発行済み株数の1%とかせいぜい3~5%ぐらいしか保有していないのに、大株主然とした発言で株価への影響力を欲しい儘にしている。 どうしてこうも影響力が高まってきたかというと、世界中で機関投資家全般が短期的に株価さえ上がるのなら、なんでも歓迎という風潮に堕してきているからだ。 それが故に、アクティビストたちがマスコミを巻き込んで、「この企業は経営が甘い、もっと利益を出せるはずだ …続きを読む

長期投資と田舎生活

 長期投資を進めていくうちに、地方に住んでいる方がどれほど有利か、それを実感するようになる。 びっくりするほどに地方経済は活性化する。 どういうことか? 長期投資の舞台は世界の成長である。 日本はもちろんのこと、世界経済の健全なる発展拡大を推進していく企業を、しっかりと応援するのが長期投資である。 これはと思う企業をゆったりと応援していく、その後からついてくるのが長期投資のリターン。 つまり、世界中の人々がより豊かな生活を実現していくのを応援していった結果として、長期投資の …続きを読む

われわれは歴史をつくっているのだ

 日本のような成熟経済をどう活性化していくか? アベノミクスでいくら頑張っても、なかなか成果は出てくれない。 その横で、コストだけはどんどん積み上がり、国の借金財政は悪化するばかり。 おそらく現在の経済学からは、なんの方向性も出てこないだろう。 大量に資金を供給すればとか、マイナス金利を導入すればとかやっているが、さっぱり効果は表れない。 そこで、今度はヘリコプターマネーを実行しろとか、ベーシックインカムを導入しろとか、日本はノーベル経済学者たちが唱えるいろいろな理論の実験 …続きを読む

長期投資の文化を高めよう

 本当は「投資の文化を高めよう」といいたいところ。 だが、「投資」だと文化どころか博打を連想する人が多いので、長期投資の文化としよう。 文化というぐらいだから、人々の生活に根付いていて、かつ日々の生活に潤いと安らぎをもたらし、心身に力をみなぎらせてくれるものであって欲しい。 そう考えてみると、長期投資の文化というものには、とんでもなく重要な役割が秘められている。 とりわけ日本のような成熟経済には、なんとしても広めたい価値観である。 長期投資を普及させることで、これまで間接金 …続きを読む